HGAスプレー(成長ホルモン)ビューティー・アンチエイジング

HGAスプレー(成長ホルモン)

HGAスプレー

HGAスプレー

成長ホルモンが不足すると次のような症状がでてきます。
疲れやすく、元気が出ない。
深くぐっすり眠れなくない。
朝目ざめても疲れが残っている。
性欲の減退を感じる。
記憶力がおとろえる。
筋肉が細そる。
お腹まわりに脂肪がつく。
太りやすい体質になる。
お尻やバストに張りがなく、下がってくる。
朝おきたとき肌が乾燥している。
肌の張りがなくなり、小じわが目立つ。
白髪がふえてくる。


成長ホルモンが不足すると、なぜこういう症状がでてくるのですか。
成長ホルモンは子どものときに比べて分泌量は減りますが、大人になっても分泌され続け、タンパク質・脂肪・カルシウムの代謝をコントロールする働きをしています。
成長ホルモンの分泌は睡眠中に活発になります。これは昔からいわれている「寝る子は育つ」「美人は夜つくられる」などのことわざのとおりです。
睡眠中は脳を休めるとともに、免疫力が高まって身体の組織の疲労回復や活性酸素のダメージなどを修復するはたらきが活発になります。成長ホルモンが不足すると代謝活動のコントロールができず、この修復ができなくなります。それによって身体のいろいろな部分の老化が早まるのです。
このように睡眠中の成長ホルモンは、1.免疫力を高める2.疲労を回復する3.傷んだ組織をメンテナンス(修復、再生)する、というたいせつなはたらきをしています。成長ホルモンが不足すると上記のようなさまざまな症状がでてくるのはそのためです。成長ホルモンはアンチエイジングの要をにぎっているホルモンなのです。
HGAスプレーはなぜ成長ホルモンの分泌を促進するのですか。
ヒト成長ホルモン(HGH)は脳下垂体から分泌されるホルモンで、多くのアミノ酸が結合して作られる物質です。アミノ酸の中でもアルギニンとオルニチンは、成長ホルモン誘導体としてたいせつな役目をする物質です。HGAスプレーにはこのアルギニン、オルニチンのほかにL-グルタミン、L-リジンなど、成長ホルモンの合成にかかせない各種のアミノ酸含まれています。
また、成分のひとつのグリシンは、やはりアミノ酸の1種ですが、サプリメントとしてのむことで、睡眠の質を改善することが知られています。グリシンは身体でも合成されるふつうのアミノ酸ですが、プラセボ(偽薬)試験のときに害のない偽薬として使われたところ、これをのんだグループがよく眠れるようになり、疲労が回復するという効果がありました。そこからグリシンは、睡眠の質を高めることで成長ホルモンの分泌をうながす成分として認められることになりました。
効き目に個人差はありますが、HGAスプレーを使用することで、成長ホルモンの分泌を促進して、中高年からの体力・記憶力・免疫力の衰えや肌・筋肉・体型などの老化現象をスローダウンすることが期待できます。
HGAスプレーの使い方
HGAスプレーは、食時30分前と寝る前の1日4回舌の下にスプレーします。スプレーしてから30〜60秒ほど舌の下にとどめておいて、のみこみます。1本で約180回(約45日)スプレーすることができます。1日に6回以上はスプレーしないでください。


詳細は↓↓↓
>>>HGAスプレー