ハイドロキノンクリーム(美白作用)ビューティー・アンチエイジング

ハイドロキノンクリーム(美白作用)

ハイドロキノンクリーム

ハイドロキノンクリーム

「ハイドロキノン」は、シミの原因であるメラニン色素の合成酵素阻害剤であり、メラニンを生成するチロシナーゼの働きを強力に抑制し、同時に既にある褐色化したメラニンを白色化する「還元作用」(美白作用)を持つ即効性のある医薬品です。ハイドロキノンはイチゴ類、麦芽、コーヒー、紅茶など天然にも存在する成分で、還元作用があり写真の現像にも使用されています。ハイドロキノンを使用して現像していた人の肌が白くなったことで発見されました。ハイドロキノンの効果はコウジ酸やα型アルブチンの数10倍〜100倍といわれています。

ハイドロキノンクリームは単独でも効果がありますが、ピーリングやレチノイン酸と併用して使われることも多いです。ハイドロキノン自体は浸透性があまり高くないので、トレチノインと併用することで皮膚の漂白効果がより高まります。

ハイドロキノンクリーム以外に、シワ取りニキビ治療のレチノA、美白のハイドロキノンクリームとレチノAの両成分が配合されたコスメライトクリームのご用意もございます。

美白・しわ取り人気商品ラインキング

効果効能
皮膚の浅い部分(基底層から表皮)にメラニン色素が異常増殖・色素沈着している肝斑、雀卵斑、炎症後色素沈着、日光黒子(老人性色素斑)などのシミに使われます。太田母斑など真皮性のシミには効きません。


詳細は↓↓↓
>>>ハイドロキノンクリーム