アロマシン(閉経後乳がん) ホルモン剤

アロマシン(閉経後乳がん)

アロマシン

アロマシン

アロマシンは、「閉経後乳がん」に対して、1日1回服用することで抗腫瘍効果を現わす医薬品です。
これまで日本では乳がんの発症は欧米諸国と比較して少ない傾向でしたが、近年、生活の欧米化の影響で乳がん患者が日本でも急激に増加しました。
がんは高齢になるにつれ発生率が高まりますが、乳がんの場合は「エストロゲン」のレベルが低下する閉経年齢前後で一時的に減少し、閉経後に再度発生率が増加する傾向が見られます。
閉経後乳がんに対し「アロマターゼ」の働きを阻害し、エストロゲンを抑えることが有効とされますが、その働きを担うお薬がアロマターゼ阻害薬のアロマシンです。

効能効果
閉経後乳がんの再発抑制

詳しくは↓↓↓
>>>アロマシン