プレマリンジェネリック0.625mg(28錠)(卵胞ホルモン薬)ホルモン剤

プレマリンジェネリック0.625mg(28錠)(卵胞ホルモン薬)

プレマリンジェネリック0.625mg(28錠)

プレマリンジェネリック0.625mg(28錠)

当商品はプレマリンと同じ成分のジェネリックです。

オリジナルのプレマリンは、米国ファイザー社が製造する定評のある女性ホルモン剤で、女性ホルモンのエストロゲンを補うホルモンお薬です。女性の更年期障害の症状を改善して女性のクオリティ・オブ・ライフ(人生の質)を向上する大切なお薬です。

女性は閉経前後から分泌が急減するエストロゲンを補充することで自律神経を安定させ、副作用のめまいやのぼせなどのさまざまな更年期障害の症状を緩和します。性同一性障害(MTF)の人が女性らしい体つきを得るためにも服用されます。

女性ホルモンの種類
女性ホルモンには、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)の2つがあります。

女性ホルモンの作用
女性が妊娠して、出産をする際の体の準備をするのが女性ホルモンの働きです。それ以外に、女性らしい体つきにする、女性の自律神経や心のバランスを正常に保つ作用など、さ女性ホルモンにはさまざまな作用と効果があります。女性の心身の健康と、生活の質(クオリティオブライフ)の促進をするのが女性ホルモンといえるでしょう。

卵胞ホルモンの働き
卵胞ホルモン(エストロゲン)は、卵胞の成長を促進して排卵準備をすることのほかに、以下のような働きをする女性ホルモンです。

コラーゲンの生成を促すことにより、ハリとつやのある肌にする。女性の髪や爪につやを与え、若々しく保つ。
丸みを帯びた、女性らしい体系を作る、または維持する。
骨を丈夫にして、骨粗しょう症の予防等を行う。
ホルモンバランスで乱れがちな、自律神経のはたらきを保つ。
ホルモンバランスで心のバランスの乱れを抑え、記憶力の改善効果も。
卵胞ホルモンの不足で起こる、更年期障害
女性は閉経を境に卵胞ホルモンの分泌量が急激に低下します。ホルモン分泌量が減ると、その働きが妨げられて心身に不快な症状が現れます。この症状が現れると更年期障害です。

中でも心身への影響がおおきいのが、自律神経の失調です。心身はたらきを健全に調整する作用のある自律神経のバランスが乱れることでうつ病、不安障害などさまざまな心の症状が現れます。

よく現れる更年期障害の症状に、めまい、のぼせ、動悸、不眠、イライラ、不安感、冷え、発汗、肩こり、倦怠感、頭痛、などがあります。

根本的な原因が卵胞ホルモンの分泌量の低下のため、上記症状を個別に治療、解消することはかなり遠回りな治療法です。

欧米では女性の生活の質を高めるため女性ホルモン剤の投与は昔から行われています。この治療法をホルモン補充療法とよび、プレマリンやプレマリンのジェネリックは典型的なホルモン補充療法のホルモン薬です。

プレマリンやジェネリックプレマリンの投与の目的
更年期障害による心身の症状の改善
失われた女性らしい肌や髪のはり、つやを取り戻す、または維持する
女性らしい丸みを帯びた体つきや乳房のはりを維持する。
膣の潤いの低下を改善し、性交痛を解消。
セックスをより良いものにする。
骨粗鬆症を予防する。
プレマリンはMTF(性同一性障害)の方のホルモン療法にも使われます
性同一性障害の人が女性として生きることを選択した場合は、女性らしい体型(女性化)を作る、維持するため、ホルモン療法の目的でプレマリン(卵胞ホルモン)を使用することがあります。MTFの方に使われるホルモン剤は、飲み薬から豊胸ジェルタイプ、ホルモンパッチなど多岐におよびます。

プレマリン(およびジェネリック)の使用方法
1日1回プレマリンまたはジェネリックを0.625mg〜1.25mg服用します。

詳細は↓↓↓
>>>プレマリンジェネリック0.625mg(28錠)