リノラル(更年期障害、骨粗鬆症、前立腺がん)ホルモン剤

リノラル0.01mg(更年期障害、骨粗鬆症、前立腺がん)

リノラル0.01mg

リノラル0.01mg

リノラルは、エストロゲンの欠乏による「更年期障害」や「閉経後骨粗しょう症」予防の二次治療、または「前立腺がん」の緩和治療や「性腺発育障害」等に伴う「卵巣発育不全」に対するホルモン補充療法や月経障害の治療に使用される「合成卵胞ホルモン薬」です。

エストロゲンは加齢とともに減少し、日本人女性では50歳を境に閉経をう買えると言われ、閉経に近づくにつれて発生する症状の1つが「更年期障害」です。

更年期障害になると、エストロゲンが合成されにくくなりホルモンバランスの崩れや、コラーゲン不足による「肌のシワ、たるみ」、また体温調節ができなくなり「のぼせ」や「ほてり」が起こり、また「髪の毛の潤いの欠如」やカルシウム流出による「骨粗鬆症」や「月経異常」が発症しやすくなります。

これらの不快な症状はエストロゲンを補充することで改善することができ、リノラルはエストロゲンを効率的に補充し、さまざまな症状の緩和を達成します。

また、「性同一障害」いわゆるトランスセクシャルの方々が「女性ホルモン補充」目的で使用されているケースも多いと言われています。

効能効果
更年期障害、骨粗鬆症、前立腺がん等の緩和治療

服用方法
閉経後骨粗しょう症の予防、更年期障害

通常、1日0.01〜0.05mgを周期的に服用(例:3週間服用して1週間休む)
前立腺がんの緩和治療

通常、1日0.15〜1.5mgを服用
月経障害

通常、1日0.2〜0.5mgを生理5日目〜25日目にかけて服用
※上記の使用量はあくまでも目安となります。


詳細は↓↓↓
>>>リノラル0.01mg

>

リノラル0.05mg(更年期障害、骨粗鬆症、前立腺がん)

リノラル0.05mg

リノラル0.05mg

リノラルは、エストロゲンの欠乏による「更年期障害」や「閉経後骨粗しょう症」予防の二次治療、または「前立腺がん」の緩和治療や「性腺発育障害」等に伴う「卵巣発育不全」に対するホルモン補充療法や月経障害の治療に使用される「合成卵胞ホルモン薬」です。

エストロゲンは加齢とともに減少し、日本人女性では50歳を境に閉経をう買えると言われ、閉経に近づくにつれて発生する症状の1つが「更年期障害」です。

更年期障害になると、エストロゲンが合成されにくくなりホルモンバランスの崩れや、コラーゲン不足による「肌のシワ、たるみ」、また体温調節ができなくなり「のぼせ」や「ほてり」が起こり、また「髪の毛の潤いの欠如」やカルシウム流出による「骨粗鬆症」や「月経異常」が発症しやすくなります。

これらの不快な症状はエストロゲンを補充することで改善することができ、リノラルはエストロゲンを効率的に補充し、さまざまな症状の緩和を達成します。

また、「性同一障害」いわゆるトランスセクシャルの方々が「女性ホルモン補充」目的で使用されているケースも多いと言われています。

効能効果
更年期障害、骨粗鬆症、前立腺がん等の緩和治療

服用方法
閉経後骨粗しょう症の予防、更年期障害

通常、1日0.01〜0.05mgを周期的に服用(例:3週間服用して1週間休む)
前立腺がんの緩和治療

通常、1日0.15〜1.5mgを服用
月経障害

通常、1日0.2〜0.5mgを生理5日目〜25日目にかけて服用
※上記の使用量はあくまでも目安となります。

詳細は↓↓↓
>>>リノラル0.05mg