セロフロ(アドエアジェネリック)(ぜんそく) 糖尿病・高血圧・その他

セロフロ500(アドエアジェネリック)(ぜんそく)

セロフロ500(アドエアジェネリック)

セロフロ500(アドエアジェネリック)

セロフロ500はぜんそく発作の予防と治療のお薬です。1つのお薬で、気管支を広げて、炎症をしずめる2つの効果があります。定評のあるぜんそくの長期管理薬「アドエア」のジェネリック医薬品です。

1つ2役のセロフロ500で、ぜんそくの予防管理が楽になります。

ぜんそくのお薬には、気管支を広げて呼吸を楽にするはたらきと、気管支の炎症をおさえるはたらきの2つが求められます。この2つが発作を予防するとともに、発作がおきたときの症状をしずめます。

セロフロ500には、気管支の炎症をおさえるフルチカゾンと、気管支を拡張するサルメテロールが配合されています。1つのお薬に2つの成分が配合されているのは、セロフロ(アドエア)だけです。

サルメテロールは長時間作動型なので、薬の効き目が12時間続きます。就寝前に吸入すると明け方の発作を予防します。

この2つの成分の併用は米国国立衛生研究所の治療ガイドラインで、ぜんそくの長期管理法として推奨されています。

ぜんそくは発作がおきないときも油断できない病気です。

ぜんそくはしばらく発作がおきなくても、気管支の炎症は治りきっていないことが多い病気です。そんなときに薬の使用をやめてしまうと、炎症が悪化してまた発作がおきることになります。

ぜんそくの治療は、発作によって症状を悪化させないことがもっとも大切です。自己判断で薬を止めたりせずに、注意深く発作の予防をしながら、体質改善や体力づくりをしていく必要があります。

ぜんそくは子どもだけの病気ではありません。

ぜんそくは子どもに多い病気ですが、最近は大人になって発症するぜんそくが増えていて、ここ10年間で成人のぜんそく患者数は約2倍になっています。

大人のぜんそくはダニなどのアレルギー源が特定できない場合が多く、風邪やストレスなどの複合的な要因で咳が長びいて発症すると考えられています。

ぜんそくは重症化すると、強い発作をおこして呼吸困難で死亡することもある怖い病気です。ぜんそく死した患者さんのほとんどは、日常のぜんそくの管理が不充分だったことが
大きな発作の原因になっています。

ぜんそくの発作でなくなる人は年間に約3000人いますが、そのうちの2000人は成人のぜんそく患者です。65歳以上の高齢者はとくに注意がひつようです。

ぜんそくと風邪の咳の違いは。

咳が2ヵ月以上続くようなら、ぜんそくの可能性が高くなります。風邪のせきがそれほど長期化することはないからです。

ぜんそくの特徴は、次のようなものです。

息をするときにヒューヒュー、ゼーゼーという音がする、
咳は出るが、熱は出ない。
痰の色が黄色ではなく、白い。
明け方などの決まった時間によく咳がでる。
ぜんそくの発作を起こさない日頃の注意

ぜんそくは薬による治療・発作予防とともに、生活環境や生活習慣への気配りがたいせつです。

ダニやほこりを吸わない生活環境を心がける。
バランスのとれた食生活をし、睡眠をじゅうぶんとる。
ストレスをためない。
適度な運動をする。

などを心がけましょう。
セロフロ500の使用方法

1日2回、12時間おきに専用の吸入器で吸引します。しばらく発作がおきていなくても、中止せずに使用を継続してください。


詳細は↓↓↓
>>>セロフロ500(アドエアジェネリック)

セロフロ100(アドエアジェネリック)(ぜんそく)

セロフロ100(アドエアジェネリック)

セロフロ100(アドエアジェネリック)

セロフロ100はぜんそく発作の予防と治療のお薬です。1つのお薬で、気管支を広げて、炎症をしずめる2つの効果があります。定評のあるぜんそくの長期管理薬「アドエア」のジェネリック医薬品です。

1つ2役のセロフロ100で、ぜんそくの予防管理が楽になります。

ぜんそくのお薬には、気管支を広げて呼吸を楽にするはたらきと、気管支の炎症をおさえるはたらきの2つが求められます。この2つが発作を予防するとともに、発作がおきたときの症状をしずめます。

セロフロ100には、気管支の炎症をおさえるフルチカゾンと、気管支を拡張するサルメテロールが配合されています。1つのお薬に2つの成分が配合されているのは、セロフロ(アドエア)だけです。

サルメテロールは長時間作動型なので、薬の効き目が12時間続きます。就寝前に吸入すると明け方の発作を予防します。

この2つの成分の併用は米国国立衛生研究所の治療ガイドラインで、ぜんそくの長期管理法として推奨されています。

ぜんそくは発作がおきないときも油断できない病気です。

ぜんそくはしばらく発作がおきなくても、気管支の炎症は治りきっていないことが多い病気です。そんなときに薬の使用をやめてしまうと、炎症が悪化してまた発作がおきることになります。

ぜんそくの治療は、発作によって症状を悪化させないことがもっとも大切です。自己判断で薬を止めたりせずに、注意深く発作の予防をしながら、体質改善や体力づくりをしていく必要があります。

ぜんそくは子どもだけの病気ではありません。

ぜんそくは子どもに多い病気ですが、最近は大人になって発症するぜんそくが増えていて、ここ10年間で成人のぜんそく患者数は約2倍になっています。

大人のぜんそくはダニなどのアレルギー源が特定できない場合が多く、風邪やストレスなどの複合的な要因で咳が長びいて発症すると考えられています。

ぜんそくは重症化すると、強い発作をおこして呼吸困難で死亡することもある怖い病気です。ぜんそく死した患者さんのほとんどは、日常のぜんそくの管理が不充分だったことが
大きな発作の原因になっています。

ぜんそくの発作でなくなる人は年間に約3000人いますが、そのうちの2000人は成人のぜんそく患者です。65歳以上の高齢者はとくに注意がひつようです。

ぜんそくと風邪の咳の違いは。

咳が2ヵ月以上続くようなら、ぜんそくの可能性が高くなります。風邪のせきがそれほど長期化することはないからです。

ぜんそくの特徴は、次のようなものです。

息をするときにヒューヒュー、ゼーゼーという音がする、
咳は出るが、熱は出ない。
痰の色が黄色ではなく、白い。
明け方などの決まった時間によく咳がでる。
ぜんそくの発作を起こさない日頃の注意

ぜんそくは薬による治療・発作予防とともに、生活環境や生活習慣への気配りがたいせつです。

ダニやほこりを吸わない生活環境を心がける。
バランスのとれた食生活をし、睡眠をじゅうぶんとる。
ストレスをためない。
適度な運動をする。

などを心がけましょう。
セロフロ100の使用方法

1日2回、12時間おきに専用の吸入器で吸引します。しばらく発作がおきていなくても、中止せずに使用を継続してください。


詳細は↓↓↓
>>>セロフロ100(アドエアジェネリック)