タケプロンジェネリック15mg(胃潰瘍、十二指腸潰瘍、流動性食道炎) 糖尿病・高血圧・その他

タケプロンジェネリック15mg(胃潰瘍、十二指腸潰瘍、流動性食道炎)

タケプロンジェネリック15mg

タケプロンジェネリック15mg

「タケプロンジェネリック 15mg」は胃酸の分泌を抑制し、胃潰瘍、十二指腸潰瘍などの痛みや胸焼けを緩和します。

胃潰瘍、十二指腸潰瘍、流動性食道炎などの病気は「胃酸」の分泌と関係が深く、「胃酸分泌のバランス」をコントロールすることでそれらの病気を改善・治療できます。胃酸はたいへんに強力な酸性のため、食べ物の消化および進入した「細菌の殺菌効果」がありますが、何らかの理由で胃酸の働きが必要以上に活発化した場合、胃粘膜を傷つけ、結果として胃炎、十二指腸潰瘍などの症状に悪化します。

有効成分の「ランソプラゾール」は、胃酸の分泌に関与するプロトンポンプに直接作用し、胃酸の分泌をコントロールすることで症状を改善します。

タケプロンはプロトンポンプ阻害薬(PPI)と呼ばれ、この系統の医薬品は非常に強力に「胃酸の分泌」を抑えます。難治性潰瘍にも効果を発揮するため、胃潰瘍、逆流性食道炎の治療の主要な医薬品です。

発売当初の効能に加え、胃潰瘍の原因菌である「ヘリコバクター・ピロリ」除菌の補助、「非びらん性胃食道逆流症」の治療、それ以外にも鎮痛の「低用量アスピリン療法」や鎮痛薬が原因の胃潰瘍にも効果を発揮するとされています。


効能効果
胃潰瘍
ピロリ菌の除菌
十二指腸潰瘍
逆流性食道炎
非びらん性胃食道逆流症


詳細は↓↓↓
>>>タケプロンジェネリック15mg

タケプロンジェネリック30mg(胃潰瘍、十二指腸潰瘍、流動性食道炎)

タケプロンジェネリック30mg

タケプロンジェネリック30mg

詳細・ご注文は↓↓↓
>>>タケプロンジェネリック30mg