ノルバスク(高血圧) 糖尿病・高血圧・その他

ノルバスク10mg(高血圧)

ノルバスク10mg

ノルバスク10mg

ノルバスク10mgは「高血圧」、「狭心症」の治療薬で、カルシウム拮抗剤に分類されるお薬で、1日1回服用することで、「降圧効果」と「抗狭心症効果」が24時間持続され、副作用も少ないお薬です。

高血圧は心臓から全身に血液が送り出される際にかかる圧力が基準値よりも高いケースで、めまい、頭痛、むくみ、肩こり、動悸等の症状が現れます。

また、高血圧と「動脈硬化」との関連性が高く、高血圧を放置すると「冠動脈」に異常が発生し、心筋に酸素が十分行き届かない「狭心症」、心不全、心筋梗塞、くも膜下出血などの症状の原因にもなりえます。

ノルバスク10mgは血管を拡張し、血圧を下げる作用のある「カルシウム拮抗剤」で、血管の縮小からの高血圧を緩和します。

ノルバスク10mgは「第3世代カルシウム拮抗剤」で、血中濃度の半減期が改良され、副作用がより少なくなっています。

効能効果
高血圧症、狭心症治療(発作をおこりにくくする)
服用方法
成人の場合:1日1回(5mg)を経口服用します。
症状に応じて服用量を増減しますが、効果が十分でない場合、1日1回10mgまで増量できます。


詳細は↓↓↓
>>>ノルバスク10mg

ノルバスク5mg(高血圧)

ノルバスク5mg

ノルバスク5mg

ノルバスク5mgは「高血圧」、「狭心症」の治療薬で、カルシウム拮抗剤に分類されるお薬で、1日1回服用することで、「降圧効果」と「抗狭心症効果」が24時間持続され、副作用も少ないお薬です。

高血圧は心臓から全身に血液が送り出される際にかかる圧力が基準値よりも高いケースで、めまい、頭痛、むくみ、肩こり、動悸等の症状が現れます。

また、高血圧と「動脈硬化」との関連性が高く、高血圧を放置すると「冠動脈」に異常が発生し、心筋に酸素が十分行き届かない「狭心症」、心不全、心筋梗塞、くも膜下出血などの症状の原因にもなりえます。

ノルバスク5mgは血管を拡張し、血圧を下げる作用のある「カルシウム拮抗剤」で、血管の縮小からの高血圧を緩和します。

ノルバスク5mgは「第3世代カルシウム拮抗剤」で、血中濃度の半減期が改良され、副作用がより少なくなっています。

効能効果
高血圧症、狭心症治療(発作をおこりにくくする)
服用方法
成人の場合:1日1回(5mg)を経口服用します。
症状に応じて服用量を増減しますが、効果が十分でない場合、1日1回10mgまで増量できます。


詳細は↓↓↓
>>>ノルバスク5mg