アジー1000mg(クラミジア) 性病・感染症・抗生物質

アジー1000mg(クラミジア)

アジー1000mg

アジー1000mg

アジーは性感染症のクラミジアなどを治療する抗生物質「ジスロマック」のジェネリック医薬品です。

クラミジアは感染に気づかないことが多い性感染症です。
日本でもっとも感染者が多いSTD(性感染症)がクラミジアで、とくに10代、20代の感染者が増えています。その理由として、
クラミジアは感染しても症状がでないことが多いので、感染に気づかないケースも多い。
結婚前でパートナーが限定されていないので、同時期あるいは短い期間に複数の相手とセックスする傾向がある。
コンドーム使用率が低く、オーラルセックスがふつうになっている。
などがあります。
ある調査では、性経験のある高校生の女子の13%、男子の7%に感染者が見つかって、そのほとんどが感染に気づいていませんでした。
女性がクラミジアの感染に気づかないままに放置すると、将来不妊症になったり、子宮外妊娠をおこすリスクが高くなります。生殖器の粘膜が傷つくのでHIVに感染するリスクも高まります。
感染の心配がある人は検査をすることが必要です。
セックスパートナーの数が多い(この1年間に3人以上とセックスをしたなど)。
コンドームを使わずに性行為やオーラルセックスをしている。
ときどき性風俗店を利用する。
以上の項目に該当する人はクラミジアに感染している可能性があります。とくに症状がなくても、将来への不安やパートナーへ感染させるリスクをなくすために、まず検査を受けることが望まれます。
クラミジアは病院で検査を受けることができるほかに、個人輸入通販で検査キットを購入して検査することもできます。
クラミジアの症状
症状がでる場合は、 女性は、おりものが増える、不正出血がある、性行のときに痛みがある
男性は、排尿のときに痛みがある、尿道から白い分泌物がある
などです。どれも重い症状ではありません。
アジーはクラミジアの治療でまず選択されるお薬。
アジーはペニシリンとは別系統のマクロライド系の抗生物質です。効果の持続時間が長いお薬で、クラミジアの治療では1〜2回の服用ですむ場合があります。
マクロライド系の抗生物質は細菌のタンパク質合成をさまたげることで殺菌します。効果のある病原菌の種類が多く、副作用が比較的少ない抗生物質です。クラミジアの感染による子宮頸管炎や尿道炎のほかに、マイコプラズマ肺炎などの呼吸器や皮膚の細菌性の感染症に効果があります。歯肉炎の治療に使われることもあります。
アジーはクラミジアと同時感染していることがある淋菌感染症の治療にも効果があります。


詳しくは↓↓↓
>>>アジー1000mg

アジー250mg

アジー250mg
アジー250mg
>>>アジー250mg

アジー100mg

アジー100mg
アジー100mg
>>>アジー1000mg