ファシジン(チニダゾール)500mg(膣トリコモナス症)性病・感染症・抗生物質

ファシジン(チニダゾール)500mg(膣トリコモナス症)

ファシジン(チニダゾール)500mg

ファシジン(チニダゾール)500mg

「ファシジン」はバクテリアに抗菌作用がある抗生物質で、とくに「膣トリコモナス症」などの感染症の治療に用いられます。ファシジンは、トリコモナス治療薬「ハイシジン」のジェネリック薬で、成分や効果が同じですが、価格が低く抑えられているのが特徴です。

トリコモナス症は感染症で、トリコモナス原虫が原因で発症します。トリコモナスの発症部分によって呼び名が異なり、「腸トリコモナス」、「口腔トリコモナス」、そして女性の感染症である「膣トリコモナス」などがあります。膣トリコモナスの原因は主に「性交」です。ただし、性行為の経験のない女性や子供にも感染することがあり、その場合、タオル、便器、浴槽などから感染することがあります。

男性にもトリコモナスが感染することがあり、排尿時の痛み、性器に熱やかゆみが発症することがあります。女性のトリコモナス感染では、膣からのオリモノやかゆみ、悪臭などが発生することがあります。トリコモナスの症状は約3週間でなくなりますが、菌自体が体内に生き続けるため、性交時にパートナーにうつしてしまうことや、放置すると「前立腺炎」などの原因ともなります。

また、他の性病の特徴でもありますが、トリコモナス菌が他のウイルスや細菌を子宮内に運ぶ手助けをするため、トリコモナスの放置は、膣炎、子宮頸がん、HIVなどのリスクを高めることにもなりえます。

効能効果
・トリコモナス菌などの殺菌

使用方法
・トリコモナス(男女とも同じ)の治療:通常、成人の場合で、1回4錠を1日一回、食後に服用します。

詳細・ご注文は↓↓↓
>>>ファシジン(チニダゾール)500mg