クラビットジェネリック(LQUIN)(クラミジア) 性病・感染症・抗生物質

クラビットジェネリック(LQUIN)500mg(クラミジア)

クラビットジェネリック(LQUIN)500mg

クラビットジェネリック(LQUIN)500mg

「LQUIN500mg」は、 クラミジア治療薬の代表的商品 クラビット の ジェネリック医薬品 です。有効成分である「レボフロキサシン」はさまざまな細菌に対して抗菌作用を示すニューキノロン系合成抗菌剤で、特に偏性嫌気性菌(酸素分子のない環境下でのみ生育可能な菌)を含むグラム陽性菌(厚い細胞壁を持つ菌で、ブドウ球菌、レンサ球菌、腸球菌など)およびグラム陰性菌(細胞に外膜を持つ菌で、大腸菌、緑膿菌など)、クラミジアに効果が期待できます。そこで尿路感染症、性病、クラミジア、淋病、前立腺炎、睾丸炎、膀胱炎、淋病性尿道炎、コレラ、サルモネラ腸炎、チフス、子宮内感染、バルトリン線炎、などの感染症治療に対し有効性が確認されていますが、ウイルスに対する効果はありません。

感染症の原因となる細菌は、自身のDNAを複製することによって増殖しますが、この増殖の過程を阻害する作用を持つのが抗菌薬です。抗菌薬はその作用機序により何種類かに分類されおり、そのうちレボフロキサシンは、細菌のDNA(デオキシリボ核酸)の複製に関わる酵素を抑えて増殖を阻害することで、殺菌作用を発揮します。

レボフロキサシンをはじめとするニューキノロン系抗菌薬は、薬剤と菌が接している時間を長くするよりも、菌と接する薬剤の濃度を高くした方が殺菌作用を増強させられる、いわゆる「濃度依存性」の抗菌薬として知られているため、分割服用ではなく1日1回の服用が推奨されています。

またレボフロキサシン(クラビット)は比較的副作用が少ないとされているほか、セフェム系やペニシリン系、マクロライド系の抗生物質とは作用機序が異なるため、これらに耐性を示す菌にも有効性が期待されている抗菌薬です。

詳細は↓↓↓
>>>クラビットジェネリック(LQUIN)500mg

クラビットジェネリック(LQUIN)250mg(クラミジア)

 

クラビットジェネリック(LQUIN)250mg

クラビットジェネリック(LQUIN)250mg


「LQUIN」は、 クラミジア治療薬の代表的商品 クラビット の ジェネリック医薬品 です。有効成分である「レボフロキサシン」はさまざまな細菌に対して抗菌作用を示すニューキノロン系合成抗菌剤で、特に偏性嫌気性菌(酸素分子のない環境下でのみ生育可能な菌)を含むグラム陽性菌(厚い細胞壁を持つ菌で、ブドウ球菌、レンサ球菌、腸球菌など)およびグラム陰性菌(細胞に外膜を持つ菌で、大腸菌、緑膿菌など)、クラミジアに効果が期待できます。そこで尿路感染症、性病、クラミジア、淋病、前立腺炎、睾丸炎、膀胱炎、淋病性尿道炎、コレラ、サルモネラ腸炎、チフス、子宮内感染、バルトリン線炎、などの感染症治療に対し有効性が確認されていますが、ウイルスに対する効果はありません。


感染症の原因となる細菌は、自身のDNAを複製することによって増殖しますが、この増殖の過程を阻害する作用を持つのが抗菌薬です。抗菌薬はその作用機序により何種類かに分類されおり、そのうちレボフロキサシンは、細菌のDNA(デオキシリボ核酸)の複製に関わる酵素を抑えて増殖を阻害することで、殺菌作用を発揮します。


レボフロキサシンをはじめとするニューキノロン系抗菌薬は、薬剤と菌が接している時間を長くするよりも、菌と接する薬剤の濃度を高くした方が殺菌作用を増強させられる、いわゆる「濃度依存性」の抗菌薬として知られているため、分割服用ではなく1日1回の服用が推奨されています。


またレボフロキサシン(クラビット)は比較的副作用が少ないとされているほか、セフェム系やペニシリン系、マクロライド系の抗生物質とは作用機序が異なるため、これらに耐性を示す菌にも有効性が期待されている抗菌薬です。