テルビナフィン(ラミシールジェネリック)(真菌症) 性病・感染症・抗生物質

テルビナフィン(ラミシールジェネリック)(真菌症)

テルビナフィン(ラミシールジェネリック)

テルビナフィン(ラミシールジェネリック)

ラミシール(テルビナフィン)は、真菌症の薬で、ラミシールのジェネリック薬です。真菌によって引き起こされる症状である「水虫」、「白癬」、「皮膚カンジタ症」等の治療薬として用いられます。


塗り薬で治りにくい爪の水虫や角化型の水虫などに服用されています。水虫は、白癬菌(皮膚糸状菌)というカビで起こるもっとも身近な真菌症と言われています。ラミシールの成分テルビナフィンは、真菌の細胞膜を破壊して殺菌的に作用し、主に水虫治療などに使用されています。


詳細は↓↓↓
>>>テルビナフィン(ラミシールジェネリック)