バルトレックス(ヘルペス)(水虫) 性病・感染症・抗生物質

バルトレックス(ヘルペス)(水虫)

バルトレックス

ニゾラルクリーム,カンジタ症,性病治療

「バルトレックス(ヘルペス治療)」は、ヘルペスウイルスの増殖をおさえるお薬で、「純疱疹」や「帯状疱疹」、「性器ヘルペス」、「水痘(水ぼうそう」)の治療に使用されるお薬です。
ヘルペスウイルスは、皮膚や粘膜に「水ぶくれ」を作るのが特徴的なウイルスで、単純ヘルペスウイルス、水痘・帯状疱疹ウイルスが代表的なヘルペスウイルスです。単純疱疹、帯状疱疹は、そのウイルスが水ぶくれや発赤を発症させ、ピリピリと痛みだす病気です。
バルテックスはそのような症状を発生させるヘルペスウイルスに効果を発揮する「抗ウイルス薬」で、ヘルペスウイルスの増殖を阻止するため、効果を上げるためにはウイルスが少ない「発症の初期段階」で使用することが最適です。
有効成分「塩酸バラシクロビル」はグラクソ・スミスクライン社開発の抗ウイルス剤で、経口服用後に速やかに消化管から吸収されます。特に「単純ヘルペスウイルス」に対し強力な抗ウイルス作用があるだけでなく、「性器ヘルペス」の再発抑制にも有効とされています。
単純疱疹については、海外65ヵ国以上で承認されており、帯状疱疹においては85ヵ国以上で承認済みの成分が「塩酸バラシクロビル」です


詳細は↓↓↓
>>>ニゾラルクリーム