パキシルジェネリック(ペクセップ)(うつ病・うつ状態、パニック障害、強迫性障害、社会不安障害)

パキシルジェネリック(ペクセップ)20mg(うつ病・うつ状態、パニック障害、強迫性障害、社会不安障害)

パキシルジェネリック(ペクセップ)

パキシルジェネリック(ペクセップ)20mg

「ペクセップ」 は、日本では2000年に厚生労働省により認可され製造・販売している「パキシル」のジェネリック医薬品です。主成分のパロキセチンによって、憂うつな気分を和らげ、意欲を高めるお薬です。また月経前症候群(PMS)や摂食障害にも用いられることがあります。

パロキセチンは「選択的セロトニン再取込阻害薬(SSRI)」と呼ばれる第3世代の抗うつ剤です。本来、人間の脳細胞にはそれぞれの細胞の間にシナプスと呼ばれる溝があり、脳細胞がセロトニンやアドレナリンといった神経伝達物質を生成した場合、このシナプスを通って次の細胞に吸収されて、情報を次から次へと伝えまた神経終末に戻る仕組みとなっています。しかし強いショックやストレスなどによって、セロトニンなどの動きが鈍化されてしまいます。SSRIは、セロトニン再取り込みポンプに直接結合することによって、セロトニンが神経終末に戻ることを抑制し、シナプス間隙のセロトニンの量を増やすことで、症状を改善するお薬で、特にパロキセチンは強力かつ選択的なセロトニン再取り込み阻害作用を有します。

効能効果
うつ病・うつ状態、パニック障害、強迫性障害、社会不安障害

服用方法
通常、成人は1日1回夕食後、パロキセチンとして20-40mgを経口服用します。服用は1回10-20mgより開始し、原則1週毎に10mg/日ずつ増量します。なお、症状により1日40mgを超えない範囲で適宜増減します。
症状や程度によって、服用する量や期間が決まります。服用は必ず医師の指導のもとで行って下さい。

副作用
主な副作用として、吐き気、睡眠障害、知覚障害、口渇、頭痛、便秘・下痢、めまい、発熱、発疹などが報告されています。


詳細は↓↓↓
>>>パキシルジェネリック(ペクセップ)20mg

パキシルジェネリック(ペクセップ)30mg(うつ病・うつ状態、パニック障害、強迫性障害、社会不安障害)

パキシルジェネリック(ペクセップ)30mg
パキシルジェネリック(ペクセップ)30mg

詳細は↓↓↓
>>>パキシルジェネリック(ペクセップ)30mg