メラトニンジェネリックの「メロセット」

メラトニンジェネリックの「メロセット」

メラトニンジェネリックの「メロセット」

メラトニン

「メラトニン」やメラトニンジェネリックの「メロセット」に代表されるお薬は「眠りを誘うホルモン」として知られています。

メラトニンは「自然な眠り」を促進する睡眠促進剤で、「時差ぼけ防止」効果もあり、旅行者や出張者向けに時差ぼけ改善薬としても製品化されています。また、十分な睡眠を促進することで老化防止(アンチエイジング)目的でも使用される、睡眠促進剤です。

メラトニン分泌の消滅は、周期的にシフトしています。年齢とメラトニンレベルとの関係がさまざまな研究によって調べら、年齢とともにその必要としているメラトニンレベルが減少していきます。外来性のメラトニンは、その周期に同調し、時差や睡眠周期の遅れ、睡眠不順や神経学的に損傷のある患者の治療に使われています。

また、メラトニン分泌の減少は、循環器疾患などの症状と関係しており、アルツハイマー病、糖尿病、老化などにも関係します。その他にもメラトニンは、遊離基消去剤や抗酸化剤にも効果があります。

加齢によりメラトニンの分泌量が減少し、70歳以降では、夜間においてもメラトニンの分泌量が昼間と同じくらいのレベルに減少します。このメラトニンの不足が原因で、老人は朝早朝に目覚め、夜中に何度も目が覚めてしまいます。夕方以降に人工的にメラトニンホルモンを投与することで、老人も夜間十分な睡眠をとることが可能になり、老化を遅める「アンチエイジング」効果が期待できます。

服用方法
通常、就寝前に1錠を服用します。1回に1〜5mgの範囲で個人の状態によって用量を設定可能です。メロセット服用の際には、医師の指示通り服用ください。



詳細は↓↓↓
>>>メラトニン