リスパダールジェネリック1mg(統合失調症)

リスパダールジェネリック1mg(統合失調症)

リスパダールジェネリック1mg

リスパダールジェネリック1mg
「リスパダール ジェネリック(リスペリドン)」は「抗セロトニン作用」、「抗ドーパミン作用」の両方を持つ、新しいタイプの「非定型抗精神病薬」で、統合失調症の治療薬として用いられています。

統合失調症とは精神疾患の一つで「妄想、幻覚」などの症状が現れ、通常の生活が送れなくなる病状です。統合失調症は遠い昔から存在する病気とされていますが、いまだその原因が明確になっておらず、ある説では神経伝達物質の「ドーパミン」の過剰によって引き起こされるとも言われています。

統合失調症の症状は多くの精神機能障害としてあらわれ非常に多岐におよびます。統合失調症自体は120人に1人という稀な病気ですが、思春期から青年期にかけて発症することがおおいとされています。

リスパダールの有効成分「リスペリドン」はドーパミン拮抗薬(5-HT2/D2拮抗薬)と呼ばれますが、脳内でドーパミン受動態を遮断し、ドーパミン神経系によって引き起こされる陽性症状を抑えます。リスパダールは陽性反応に対して即効性があり、副作用も同系医薬品の中では少ないとされています。

効能効果
統合失調症の治療

服用方法
通常は成人の場合1日2回、各一錠から服用開始し、経過を見ながら少しずつ増量します
1日の許容量は12mgです
必ず医師の指導に従い服用してください

副作用
立ちくらみ、めまい、口の渇き、眠気、尿がでにく、便秘、体重増、動悸など


詳しくは↓↓↓
>>>リスパダールジェネリック1mg

リスパダールジェネリック2mg(統合失調症)

リスパダールジェネリック2mg

リスパダールジェネリック2mg

詳しくは↓↓↓
>>>リスパダールジェネリック2mg

リスパダールジェネリック3mg(統合失調症)

リスパダールジェネリック3mg

リスパダールジェネリック3mg

詳しくは↓↓↓
>>>リスパダールジェネリック3mg

リスパダールジェネリック4mg(統合失調症)

リスパダールジェネリック4mg

リスパダールジェネリック4mg

詳しくは↓↓↓
>>>リスパダールジェネリック4mg