マイクロギノン21(避妊薬)

マイクロギノン21(避妊薬)

マイクロギノン21

マイクロギノン21

「マイクロギノン」は、黄体ホルモン(レボノルゲストレル)と卵胞ホルモン(エチニルエストラジオール)配合の第2世代の経口避妊薬です。
マイクロギノンはトリキュラーと同じバイエル社が開発した同成分の低用量避妊ピルです。マイクロギノンはトリキュラー同様、高い避妊率(妊娠回避率)が立証されているピルです。
、排卵抑制作用を有する三相性低用量経口薬です。1970年代にドイツで開発されており、日本でも1999年に「避妊」で承認され、現在はバイエル社(旧シェーリング社)が販売しています。
第1世代は卵胞ホルモンのエチニルエストラジオールに、黄体ホルモンのノルエチステロンを配合したものでした。現在用いられている第2世代は黄体ホルモンがノボノルゲストレルに変わりましたが、両世代ともホルモンの併用により、下垂体からの卵胞刺激ホルモンと黄体形成ホルモンの分泌を抑制することで排卵を抑制します。
マイクロギノンやトリキュラーなど第二世代のピルは副作用の症状も少ない避妊薬です。
また子宮内膜変化により着床を抑え、頸管粘膜変化によって精子通過を阻害して、避妊効果を示します。開発臨床試験では98.8%(第1世代)、100%(第2世代)で避妊に成功したと報告されています。ちなみに経口避妊剤使用開始1年間の飲み忘れを含めた一般的使用における失敗率は8%程度となっています。
なおこの薬は性感染症(STD)に対する予防効果はございませんので、STDを防止するにはコンドームの使用が必須です。


詳しくは↓↓↓
>>>マイクロギノン21