ヤスミン(低用量避妊ピル)

ヤスミン(低用量避妊ピル)

ヤスミン

ヤスミン

「ヤスミン」は、エストロゲン・プロゲスチン配合剤(EP配合剤)に分類される鎮痛剤です。特に月経困難症と呼ばれる月経期間中に起こる病的症状に対して効果を発揮します。

月経困難症とは機能性と器質性の2つに分類されます。病気などが背景にない機能性月経困難症は、子宮の収縮過剰によって起こるもので、体質的な影響が強く、初めての月経から1〜2年以内に発症することが多いです。また、器質性月経困難の場合は、子宮内膜症や子宮線筋症、子宮筋腫などが原因となり初経後数年経過して発症します。どちらも下腹痛、腰痛、腹部膨満感、嘔気、頭痛、疲労・脱力感、食欲不振、イライラ、下痢および憂うつといった症状をもたらします。

ヤスミンは第三世代の新規プロゲスチン(合成黄体ホルモン)であるドロスピレノンを使用し、エストロゲン(卵胞ホルモン)であるエチニルエストラジオールの使用を従来の医薬品より減らすことによって、痛みのもととなるプロスタグランジンの過剰生成が抑えられ、月経困難症の痛みなどの症状を緩和するお薬となります。

効能効果
月経困難症
服用方法
1 日1 錠を毎日一定の時刻に定められた順に従って(淡赤色
錠から開始)28日間連続で服用します。28日間を投与1 周期とし、出血が終わっているか続いているかにかかわらず、29日目から次の周期の錠剤を服用し、以後同様に繰り返します。

※毎日一定の時刻に服用して下さい。
※服用開始日は「月経第1 日目」とし、服用開始日が月経第1 日目から遅れた場合は使用を控え、医師の指示に従って下さい。
※.前日の飲み忘れに気付いた場合、直ちに前日の飲み忘れた錠剤を服用し,当日の錠剤も通常の服薬時刻に服用して下さい。 2 日以上服薬を忘れた場合は、気付いた時点で前日分の1 錠のみ服用し、当日の錠剤も通常の服薬時刻に服用します。その後は当初の服薬スケジュールどおり服用を継続して下さい。

詳細は↓↓↓
>>>ヤスミン