プロバンサイン100錠(多汗症)その他・サプリメントなど 安心の海外医薬品

プロバンサイン100錠(多汗症)

プロバンサイン100錠

プロバンサイン100錠

足など局所の多汗症だけでなく、全身の多汗症にも効果を発揮するのがプロバンサインです。

多汗症とは、異常に汗をかきやすい症状で、頭部から脇下、手足、お腹、背中などに過剰な発汗を伴う症状です。

多汗症は汗をかきやすい場所や発汗の原因により以下のようなタイプがあります。

多汗症の症状によるタイプ

局所性多汗症
全身性多汗症
腋窩多汗症(ワキの下の多汗症)
手掌多汗症(手のひらの多汗症)
頭部多汗症
「局所性多汗症」とは、体の一部、特に手(手のひら)や足の裏に汗をかきやすい症状です。

手足の多汗症の場合、みるみるうちに発汗が起こり、緊張でさらに汗が出て手足がべとべとになります。この多汗症の原因は自律神経の過敏な作用と言われています。

次に、「全身性多汗症」とは、体の全身にかけて過度に発汗する症状で、汗をかきやすい場所には胸やお腹、背中やお尻などがあります。

全身性多汗症の原因は、特にストレスや疾患、女性の場合更年期障害などです。

「腋窩多汗症」とは、ワキガの原因にもなる脇の下の多汗症です。このタイプの多汗症の男女は、季節を問わず脇下の発汗で衣類に脇汗のしみができるタイプです。

大柄な方や太った方に多いですが、体温の上昇や緊張、ストレスなどです。

「手掌多汗症」とは、しゅうしょうたかんしょうと読み、手のひらに過剰な汗をかくタイプの多汗症です。症状によっては手のひらから汗が滴り落ちる、飛び散るほどの発汗があり、握手ができない、集中できない、ハンカチでは対応できないなどの悩みに繋がります。

「頭部多汗症」とは、頭部の過度な発汗です。頭部からおでこや頬に汗が滝のように流れ落ちることが多いタイプの多汗症で、周りに発汗が気づかれると心配すれば心配するほど発汗が増えるタイプです。

check-original.gifプロバンサインの使用方法
通常、成人には1回1錠(15mg)を1日3?4回服用します。
服用後、1時間ほどで制汗効果があらわれます。(発汗が止まります)
効果が表れてから4,5時間汗を抑える効果が持続します。
プロバンサインの強み
副交感神経を抑制して、消化管など内臓の筋肉(平滑筋)のけいれんを抑制する作用があるので、胃・十二指腸潰瘍、胃炎などの痛みをやわらげます。

また、胃液の分泌を抑制する作用もあるので、胃・十二指腸潰瘍の治療に役立ちます。また、プロ・バンサインは腸炎、膵炎などの痛みや夜尿症、多汗症などにも用いられます。

プロバンサインの副作用
特に、口の渇き、発疹、便秘や排尿障害などの症状が起こる可能性があります。

詳細は↓↓↓
>>>プロバンサイン100錠